スキンケア・ヘケア

  • ¥ 11,000 SOLD OUT
  • 未体験の吸い込むような角質層への浸透感。イオン導入器不要のビタミンCトランスポーター「潤歳(うるうどし)」 お肌に望むもの、それは、  うるおい?  透明感?  輝く白さ?  ぷるんぷるん。もっちり。夢見る美肌? 素肌革命 驚きの  超浸透感美容液 「潤歳(うるうどし)」 未体験の吸い込むような浸透感 イオン導入器不要のビタミンCトランスポーター 「潤歳(うるうどし)」 「年齢を積み重ねるのも4年に一度だったらいいのに...」などと思いながら日々のお手入れに余念のないあなたに 是非お試しいただきたい、超浸透感美容液 「潤歳」 今日も一日頑張ったあなたのお肌にもたっぷりのビタミンC おやすみ前の美肌習慣、「潤歳(うるうどし)」 「キレイになあれ、キレイになあれ」と1ヶ月 センシティブなお肌なら、つけた瞬間からその違いに気づかれることでしょう。 つけた瞬間に感じる「ホットな温感」。これってしっかりと届いているってこと? Watch yourself change 気が付くとあなたは変わっている   毎日鏡に向かうのが楽しみに変わる   ファンデののりが変わる   洗顔後の手触りが変わる   合う人ごとにお肌をほめられる   笑顔もより華やかに変わる 無着色・無香料・無鉱物油の自然派美容液「潤歳(うるうどし)」 食品技術を応用した"目からウロコ"の美容液「潤歳(うるうどし)」 デリケート肌の方にもおすすめの美容液「潤歳(うるうどし)」 ◆時間がない時、1本ですむ便利な基礎化粧品をお探しの方 ◆使ってみてワクワクするような基礎化粧品をお探しの方 ◆お肌にやさしくて、面倒くさくない基礎化粧品をお探しの方 ◆敏感肌なのでいろいろとつけたくないとお考えの方 ---------------------------------------------------------------------------------------------- よりナチュラルに・・・こだわりの素材 「潤歳(うるうどし)」は食品成分だけで作られています。 化粧品を選ぶとき、配合成分ばかりに気をとられていませんか? プラセンタ、ヒアルロン酸、アミノ酸、セラミドetcいろいろな素材が次から次へと。 でもちょっと待ってください。 何が入っているかはもちろん大切なことですが、 ・安全性はどうなの? ・必要なところにしっかり届くの? ・使い切るまで安定した成分なの? ・アレつけて、コレつけてと面倒じゃないの? ・自分の肌質に合うの? 以上のこともしっかりチェック。 ●「潤歳(うるうどし)」の基本コンセプト ビタミンCを効率よく、安全・手軽に、お肌に直接届けたい ビタミンCは健康的なお肌の保全には欠かせない栄養素。食事やサプリメントから摂取したビタミンCは、体内でその多くが消費されてしまい、お肌のためにはその残り1%程度しか利用されないのではとも言われています。 ビタミンCはとても酸化しやすく、Cとしての効力を失います。このため、従来はCと誘導体を結合させて酸化防止する方法が採られていました。これでは分子量が大きくなり浸透性の低下や皮膚内部でCが誘導体と切り離されてCとして有効に働くのかといった疑問が残ります。 「潤歳(うるうどし)」はCをCのまま安定させることに成功し、製品化。イオン導入器も不要で余計な寄り道をすることなくストレートにお肌に。 しかも常温で保管しても使い切るまでビタミンCは安定を保ったまま。 ●「潤歳(うるうどし)」の商品特性 安全性 ・防腐剤・オイル・水・アルコール・香料等は一切添加してません ・原料はすべて食物由来です。 保存・安定性 ・保存・安定性を大変高くしてあります(常温3年間) 体感度 数回のご利用だけで、従来品との違いを体感いただけます。 「潤歳」は、その90%が各種の潤い成分で構成されています。 吸い付くような「もっちり肌」を体感して下さい。 使い方が簡単 塗って洗い流すだけのパック感覚でご利用いただけます。 就寝前の洗顔後、お顔全体につけ、10分ほどしましたら、さっと洗い流すだけです。 簡単お手入れなので、疲れて帰った時もOK。 高濃度のビタミンCは取扱い要注意の製品が数多くありました。「潤歳(うるうどし)」は普通の美容液と同じ取扱いで、最後まで高濃度のビタミンCが安定しています。 経済的 オールマイティ基礎化粧品です。他のものは一切つけなくても商品特性を体感いただけます。「潤歳(うるうどし)」は、化粧水・乳液・栄養クリームなどの役割を全部引き受けてくれます。 お顔だけなら1本で2ヶ月~4ヶ月。(つける部位の面積によって異なります。)お顔の部分ケアだけなら6ヶ月近くご使用いただけます。それでもビタミンCの活性が低下することはありません。 ちょっぴり贅沢なんですが、首筋や手の甲などにもおすすめ。 手や首筋の衰えってとっても気になるものです。 TV・CMなどで見かける手タレ(手だけのタレント)に憧れませんか? また、荒れた唇や角質化したかかとなどにもおすすめ。 ●「潤歳(うるうどし)」の使用感 つけた時、熱感があります。これが超浸透感美容液「潤歳(うるうどし)」の証です。 ペタペタ感があります。これは大量(90%が保湿成分)の保湿成分の働きによるものです。 傷口や目に入るとしみます。これは高濃度のビタミンCの証です。 ●「潤歳(うるうどし)」の使い方はこんなに簡単 超浸透感美容液「潤歳(うるうどし)」の違いを実感するためには、現在ご使用中の基礎化粧品をすべてストップして、「潤歳」だけをご使用下さい。 1.洗顔して水をよくふきとって下さい。   洗顔はしっかり泡立て、泡でそっと洗って下さい。ゴシゴシこする   のは禁物。ふくときもゴシゴシは禁物。 2.「潤歳」を1円玉くらいの大きさで、手の甲に出して下さい。 3.中指で顔全体に軽くマッサージするようにつけて下さい。使い始めは   しみこまなくなるまで  繰り返し何度もつけて下さい。また、特に気に   なる部分には多めに重ね塗りして下さい。 4.10分ほどしたらぬるま湯などで洗い流してください。(水溶性ですので   簡単に落ちます)水気をふきとってそのままお休み下さい。   (つけたまま寝ても悪影響はありませんが、パジャマ・シーツ・枕カバー   などに付着すると黄色く変色しますのでご注意下さい。) 5.より早く結果を確認したいときは、朝晩をはじめ、日に何度でもご使用になれます。   洗顔後、水気をとくふきとり、「潤歳」を塗布後10分ほどして水で洗い流して下さい。   つけたまま紫外線にあたることだけは絶対禁止です。シミの原因となります。   高濃度ビタミンCをつけたときはこれは常識・鉄則です。 --------------------------------------------------------------------------------------------------- ★「潤歳(うるうどし)」のQ&A Q:1日1回でOKなの? A:はい。基本的には一日一回でOKです。より早く変化を感じたい方や、乾燥が強い方は   お肌の様子と相談しながら、1日あたり、2、3回ご使用いただくのも良いでしょう。   ただし、つけたまま紫外線にあたるのだけは厳禁です。高濃度ビタミンC配合化粧品   を利用する際の鉄則です。 Q:1本でどれくらい使えるの? A:使う量にもよりますが、お顔だけですと、1~3ヶ月分程度です。部分ケアの場合は6ヶ月程度かと思います。 Q:つけたまま寝たほうがいいの? A:「潤歳(うるうどし)」の浸透力をから考えますと、10分間程度で十分でしょう。   万が一つけたまま寝込んでしまっても、特にお肌への負担はありません。   衣服やシーツ・枕カバーに付着して色がつくことがあります。   また、つけた後、かなりペタペタ感がありますので、洗い流したほうがサッパリします。 Q:他の基礎化粧品と併用してもいいの? A:保湿・美白目的でしたら、他の基礎化粧品は不要です。「潤歳(うるうどし)」のみで   十分です。ビタミンC以外の美肌成分を補給するものでしたら併用してもまったくの   無駄にはなりません。   「潤歳(うるうどし)」の良さを体感するなら、他の基礎化粧品はとりあえず中断して   お試し下さい。 Q:男女、年齢を問わず使えるの? A:内容成分や使い方の簡単さから、男性にも強くおすすめします。ほとんどの男性は   スッピンですから、お肌は紫外線や乾燥の攻撃にさらされています。   ハリのある素肌は5歳は若く見られます。 -------------------------------------------------------------------------------------------- 【原材料】 グリセリン(ヤシの実)・アスコルビン酸・カッコンエキス・アロエベラ-1・クロレラエキス・イノシトール・ダイズエキス 【内容量】 36g / 3g 【使い方】 洗顔後、1円玉ほどの量を手の甲にとって、中指で顔全体に塗りこみます。10分ほどそのままおいて、ぬるま湯などでさっと洗い流してください。 【注意事項】 お肌の特に弱い方や化粧品でかぶれたことがある方は、念のため腕の内側や首筋などの、 皮膚の薄い部位でパッチテストをして下さい。 顔そり後のご使用は避けて下さい。肌の表面にキズがありますのでしみることがあります。 使い始めに「ピリッ」とするのは、お肌が荒れていたり、痛んでいる場合です。2~3日間で 感じなくなります。 直射日光があたるところや、高温多湿の場所には保管しないで下さい。 注意 化粧品がお肌に合わないとき、即ち次のような場合には、 使用を中止してください。 そのまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させる ことがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることを おすすめします。 ・使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激などの異常が現れた場合 ・使用したお肌に、直射日光があたって前記のような異常が  現れた場合。